ウエスタンブーツのブランド(フライ、テキサス、アクメ)

スポンサードリンク
ウエスタンブーツのブランド紹介です。
今回はFRYE(フライ)、texas(テキサス)、ACME(アクメ)の3つのウエスタンブーツメーカーについてですね!

FRYE(フライ)
1863年に創業。
アメリカの歴史とともに成長した最古ともいえるウエスタンブーツの老舗メーカーです。
1968年に、ゆとりのあるトゥと厚みのあるヒールが特徴である「フライブーツ」を発表してるんですね。
このフライブーツが評判となり、世界的なブーツメーカーえと成長。
さすがウエスタンブーツの最古の老舗だけあって、最高級の素材と、匠の技術により、丈夫で高品質な製品作りが行われていて、現在でも多くのこのフライのブーツ愛用者がいるようです。

texas(テキサス)
その名の如く、アメリカのテキサスブランド。
ウエスタンブーツはもともとアメリカのテキサス州が発祥とも言われているので、ウエスタンブーツ関係でtexasの名が出てきても当然でしょうね。
テキサスは、全工程、材料をUSA製として、コダワリを第一にとっているようです。
最近では、ジャスティン、トニーラマなどの有名なウエスタンブーツブランドでもメキシコやブラジル、はたまた中国製などが多くなってきているようです。
が、コレも時代の流れですね。
ですが、時代に流されずにテキサスのウエスタンブーツはUSA製を拘っているようです。

ACME(アクメ)
テネシー州で40年代から安価なコストパフォーマンスのもとに生まれたウエスタンブーツブランド。
その当時では、高級なカスタムメイドのブーツを購入することが出来なかった人たちに絶大な支持を受けて広がっていったようです。
Dingoなど、有名レーベルを多数持ち、様々な合併吸収を繰り返して2002年にウエスタンブーツの大手ブランドであるダブルエイチ社に傘下として買収されました。


ウエスタンブーツのブランドも様々ありますが、やはり時代とともに進んできたというのがわかりますね。

リアルな話なんですが、やっぱ事業拡大していくとその分生産コストなどに影響が出るんでしょう。

手製が売りのブーツ屋さんも大手に成長したら工場生産で大量生産みたいな、、、

まー大きくならなければこうして有名になれるワケでもないしそれもいいと思うけど、何かコダワリみたいなのがあるとさらにいいですよね。

おまけ

ユーズドなんですがなかなかよさげなtexasウエスタンブーツ


あぁーリンク切れ起こらないことを祈りたい(笑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。